【楽曲紹介】未だ見ぬ明日へ

ミートボールアドベンチャーの2nd CD Next Adventureに収録されている楽曲。

前ベーシストの通称ミート君の脱退後に島がドラムからベースに移り、ドラムを探していた時のこと。

某出会い系サイト(バンドメンバー募集)で知り合った現ドラマーの飯塚とはじめてスタジオに入った時に何か適当にセッションしてみよう、ということで演奏された曲。

はじめて会って、はじめて合わせた曲がこの未だ見ぬ明日への原曲となっている為、メンバーの中でも非常に思い入れのある楽曲となっている。

この時点ではドラムの飯塚は正式加入していなかった。
練習後の反省会として、リーダーの大塚、ベースの島、ボーカルの鈴木の三人で飯塚をメンバーとして受け入れるかの話し合いを行なったのだが、三人とも答えは一緒だった。

「上手過ぎるからメンバーに入れるのはやめよう」

当時彼のドラムを聴いてそれほど衝撃を受けた。

それでも、はじめてスタジオで音合わせをした時の自然に音が重なる感覚が忘れられなかった為、仮にということでメンバーに入ってもらうことになった(飯塚の正式加入のエピソードはまた別の機会に)。

当時はベースの島が練習時に必ず録音しており、それをCD-Rにしてメンバーに配り練習を振り返りながらそれぞれのパートの反省、修正をしていたのだが、リーダーの大塚が「この曲は絶対いい曲になる」ということで後日ボーカルの鈴木と2人でスタジオに入り楽曲製作を進めた。

そのリーダーの言葉通り、今ではミートボールのライブでは欠かせない定番曲となっている。

時間が経って見えにくくなったって 大人のフリして黙り込んでいたって掴めはしないだろう
なぁ そうだろ 自分よ
ありのままの自分が嫌いだって
代わりはいないんだ 変わるしかないんだ 未だ見ぬ明日へ さぁ一歩踏み出してゆけ

この曲のサビの歌詞にもあるように自分自身に向けてつくられた応援ソングとなっているが、自身への唄がそれを聴く皆んなの為の曲になればと思いながら作られた為、ぜひ一度歌詞カードを見ながら、自分と重ねるように聴いて欲しい。


New Album「SPICE BALL」

TAG index

ライブ映像

ページ上部へ戻る